仕事着はスーツ派? 私服派??

IT企業の私服勤務について

究極の働きやすさを追求した結果

新入社員の人にすれば、今日から初出勤とあってしっかりとスーツに身を固めて出勤する人もいるでしょう。これから社会人としての生活が始まっていくのだと張り切るかもしれません、ですが企業によってはスーツで出勤した結果、何故か恥ずかしい状況に陥ってしまう人も少なからずいます。よくある話として、IT関連・ゲーム関連の企業などに勤めてみるとスーツを着ている人は職場に1人もいなくて、初出勤当日になると自分だけスーツだったというケースはよくあるという。ちなみに筆者もIT企業に勤めることになった際、面接時こそスーツを着用していったが、その時分からなかったので出勤時の服装について尋ねる試みを行っていた。そのため、スーツで出勤なる状況にはならなかったが、それでも職種によっては恰好が決められているケースもあります。

仕事へどんな恰好をしていくかは定義されていれば従わなくてはいけません、ですが何もないと逆にどうしていいか分からないという悩む人も当然出てきます。その際たる例として、どんな恰好をすればいいんですかと真っ先に疑問が出てくるのが、IT関連の企業に勤める際だ。外見だけで判断すれば非常に貞淑とした企業色を持っていて、何をするにしても時間厳守、納期優先、〆切絶対といった束縛感のある世界のようにすら、筆者は一時期感じていた。もちろんこれらは非常に大切なことですが、やはり企業によって色味は全く異なり、個性が溢れているものです。それこそ服装に全く気を使わないで、あくまで自身の作業を円滑に進められるようなもので良いと、細かいことは気にしないところもあるくらいだ。

中には服装に関する就業規則の規定も、ネット上で散見される例文をそのまま持ってきたケースもあるので、緩いのは共通なのかもしれません。それでもどうしてここまでIT企業関連が私服での出勤に対して厳しくないのかについては、やはり効率という働きやすさに関わった部分が一番深く繋がっている。

女の身だしなみ

過去の試験問題から傾向を知り、重要な用語をチェックするなどして、10月の日本語教育能力試験対策講座に備えます。日本語教師養成講座なら当社で!

作業工程において

私服での出勤が当たり前になっているIT企業ですが、どうしてそれが常態化したのかについては言うまでもなく仕事のしやすさにあります。職種にもよりますが、中には一日中座りっぱなしでパソコンを向かい合って仕事をしないといけない、なんてケースもある。またはパソコンでの作業をしつつ、時に営業、時に現場へ、時に工場といった具合に色々なところへ足を運ぶ事が多い人は、それに見合った恰好をしないといけません。普段は私服でも、この日は取引先に合わないといけないなどの用事があれば当然スーツ着用は絶対です。

筆者の職場では基本社内で作業をする人間は責任者を除いて、大半が私服で出勤している。その中には外出しなければならない用事があるなどで、スーツを着てくる人もいますが、私服を見慣れてしまうと違和感を感じるのはご愛嬌だ。

ですがこうした一例はあくまで具体的な例です、最初からずっと継続してスーツを着ている人がいた場合、その人が少し変わっているかという話になるのかというと、そうでもないのです。最初は異分子のように扱われるかもしれませんが、やがて慣れてくるとこの恰好がこの人にとってのスタイルなんだと自覚するようになっていくのです。つまり、その人にとって一番作業しやすい恰好こそがスーツで、作業工程と効率を考えた上で優先すべき点としてあげられるのだ。

働きやすさを重視する、最終的に行き着く答えはここなのです。

あくまで仕事上で

スーツを着るかどうか、私服を着るかどうか、その辺の裁量は入社後の個人により委ねられているようにも見えるかもしれません。それによって服装を合わせて変化させていくことも重要なところかもしれません。ですがIT企業、それこそプログラマーやデザイナーなどの仕事をしている人は、常日頃から座って作業を強いられます。そうなった時、スーツを着ていれば作業を順当に進められるかどうかを考えた時、意見が分かれるはずだ。ちなみに筆者個人としては、スーツにしても上のジャケットを脱がなければ作業は捗らないだろう、キーボードを動かす上での動作では大した問題ではないかも知れないが、気持ちの問題でもある。

何も不秩序に自由すぎるわけでもないだろうと思うかもしれません、ですが言ってしまえばピンからキリだったりするのです。かくいう、中には足元がサンダルで来る人もいるようなので、ラフすぎるといえばラフすぎる。こうした方々は顧客と顔を合わせなくていいという点もあるので、尚の事服装をそこまで気難しくする必要もないのでしょう。ですがその分仕事がしっかり出来ていなければ、ダメなので面倒といえば面倒だ。

男の身だしなみ

ラフすぎる危険性も

IT企業への出勤時に服装を意識しなくてもいいのはいいことだとそう感じる人もいるでしょう。ですがそのラフさが返って命取りになってしまうこともある旨を覚えておきたい。どうしてか、それこそ何処ぞの遊び人じみた服装で出社してくる人間を目撃した第三者の目にすれば、それだけで印象がたちまち悪くなるからだ。結果として、人材不足になり、せっかくの話が水の泡とかして消えてしまうなんて事態にもなりかねないのです。

気楽に考えられるかも知れません、ですがだからといってこれが自分の仕事をする上で一番し易い恰好といってプライベート感剥き出しにならないよう気をつけたい。

そろそろオーダースーツでは?

その時の豆の状態だけでなく、さまざまな状況を考慮し、ブレンドするびーんず亭のコーヒー毎日頑張っています。