仕事着はスーツ派? 私服派??

それで良いんです

楽に叶うものはない

私服勤務を可能としているところは、少しずつではあるものの増加の傾向を見せているのも事実。全てがそうなる日が来るかはともかくとして、仕事内容における服装の自由さが生まれる日ももしかしたら来るかもしれません。現在は私服勤務を可能としているのは、IT企業を中心としたところになりますが、時と場合によっては私服で勤務可能を許しているところといえば、書店関係もそうかもしれません。以前個人的に働いていたところも、責任者は基本スーツを着用しているが、場合によっては私服で勤務していることもあった。とはいえ、それも現場における判断であって、本社からの観察などがあるときはガッチリと正装しているため、絶対とはいえません。

そう考えれば基本私服OKと言われると規則という窮屈さから縁遠い仕事ライフが送れるのは間違いないでしょう。それこそ最低限、服装が極端すぎないように一般的な視点から見ても遊びに行くような、プライベート駄々漏れな服を着なければ問題ありません。パソコンと向かい合っての仕事というのも中々肩が凝る仕事なので、スーツを長時間着用していたら心身の疲れは計り知れません。私服でも感じるその負担、スーツで出勤しなくても良いという安心と共に仕事の効率重視を決める一打になることは間違いないようだ。

長時間の仕事をするとなったら、スーツで勤務よりも私服で勤務に専念出来る企業への出勤が楽で良いと思うようになると、何者も勝てなくなります。

女の身だしなみ

仕事がスムーズかどうかは別問題

服装、スーツではなく私服となったら逆に仕事が捗るかというかはまた別問題です。仕事着としてスーツと私服という2つのテーマを題材にしていますが、後者の方が良いという人もいれば、前者でなければ仕事をしている気がしないと考えている人も当然多い。その人達にすればスーツで仕事をするのが大好きとなるかはともかく、仕事は私服を着てするものではないと考えている可能性の方が高いでしょう。私服=仕事をしているといった印象を持てない、日本のサラリーマンならスーツを着て出社しなければ仕事をしているうちに入らないとすら考えているかもしれません。いわば、スーツ族の方々にすれば私服姿で働いていることを恥や見下しといった偏見の眼差しで見ているケースが一番大きいのも背景にある。

原因として考えられる可能性

私服勤務が必ずしも絶対的に悪いわけではないとして、さらに印象からした偏見も仕方がないと考えるのも無理ないでしょう。ですがそれ以上に重視しなければならないのは、現代の職に対しての自由さが影響を与えているのかもしれません。この不景気の時代、正規社員として働くことの出来ない人は増え続けている、なりたくてなっているわけではない人も大勢いるはずだ。ですがそういった人達からすれば、せめて恰好だけでも立派にしておこうと考える人は少ないでしょう。

また働かないニートが増えて、恰好に対して意識的な配慮が欠けている人ももしかしたらいるとしても世間的な視線で見れば私服で朝や昼間の町を歩いていると、偏見の眼差しを受ける事もしばしばだ。時代の影響もありますが、何にせよ今の日本の仕事着に対する考え方は基本的にはフォーマルであれ、ラフな格好で仕事をする人はNGだと決めつけている人が多いという事実を確認しておくといいでしょう。

男の身だしなみ

女学生には嬉しい埼玉大学 セキュリティ 賃貸情報もバッチリご用意しております。 親御さんも安心して愛娘を単身住まいさせられる住まい情報も、三愛ハウスがお届けしております!

まかり通り時代になっている

そのように考えている人は実に多い、ですが中には私服で一流企業へと出勤している人もいる事実を考えると、あながち私服だから駄目だという理由も通らなくなってきている。ましてIT企業の、クライアントと会わない作業をする人だったら尚の事だ。ですがここでスーツを着て出勤だなんてなどということを述べたいわけではない、1つの考え方としてスーツだけが仕事着だ、作業服だなどといった見方をするのではなく、それぞれの仕事に応じた服をチョイスするといい。制作という場面で活躍する人でも、スーツを着た方がやりやすいという人もいれば、その逆もまたしかりだ。

個性が重視されるようになった時代、そんな風潮は仕事の服装にも影響を及ぼしているようです。出来るなら個人的な意見として、服装くらいそんな細かいところまで考える必要はないと思う。ただ仕事をする上で自分たちのしやすい恰好をすればいい、そこが一番落ち着く点でしょう。

そろそろオーダースーツでは?