仕事着はスーツ派? 私服派??

何を求めるか

作業効率による、成果重視

企業にすれば会社の利益をいかにして上げるかが一番の鍵となってくる。IT企業においてもそれは揺るぎなく、また普遍的なものだ。ですが利益を優先して社員の状況を蔑ろにすることもしてはいけない、そうした点を考えると難しい部分は多々あります。そうした時、スーツで出勤して暑苦しさと窮屈さに見まわれながら仕事をこなすのと、私服で勤務して効率よく仕事を片付けていくのとでは、捉え方も異なってくるはずだ。とはいえ、現代の日本でも基本スーツで仕事をするのが当たり前だと考えられています。中にはスーツを着ている仕事をしていないと、結婚はおろか恋愛対象として見ることも出来ないという偏見を持っている人もいるそうだ。

さすがにそこまでスーツを着ている人間が偉いというわけではありませんが、イメージ的なもので考えると私服よりもスーツ出勤している人の方がダントツで人気だったりする。あくまで偏見ですが、日本の仕事社会においては、いまだスーツを着て仕事へと赴くことこそが絶対的だと考えられているようです。

ですがそれを良しとしない考えを持っている人もいるのです、それが引いては作業をする上で体裁ばかりを気にしているのか、それともきちんとした結果をはじき出す事が大事なのかで違ってくる。

女の身だしなみ

トラック求人|トラック求人では、こんな手間や応募前の不安を少しでも取り除く為、各企業様へ直接取材をし、動画と写真を使い、会社の情報をできるだけ詳しく提供できるサイト構成をしています。

私服勤務で辛い部分も

とはいえ、いくらスーツを着なくてもいいIT企業といえど節度を持った恰好をしなければならないのは、当然だ。何を着てもいいという意味での私服勤務などあるはずもなく、先述に紹介したように恰好には清潔感という一貫性があるかどうかが重要だ。男性でいうところのすね毛などの剛毛が見えないようにしているか、女性なら必要以上に露出した服装をしていないか、といった点です。どちらにしても服を乱して着る点に関してはどんな会社においても爪弾かれる問題だ。

楽なのは確かにあるかもしれません、ですが何でもはダメとなったら自然と選ばなければならない服装も決まってきます。具体的にどんな部分が一番敬遠されるのかというと、

  • 色が派手すぎる柄物
  • 気を使いすぎて、地味な印象しか残らない
  • 頑張りすぎたため、露出が多めになってしまった

といったことになってしまいます。あくまで企業へ出勤というのは、仕事をすることに他なりません。自分のし易い恰好で着ていいというから来たが、逆に怒られてしまったという経験のある人は上記のような服装を意識しすぎたせいかもしれません。

私服勤務での良いところは堅苦しくない恰好でも仕事が出来る点ですが、それ以上に仕事をする時の服装は必ずしも自分の感覚重視で選んでいると後悔と失敗を繰り返す可能性もあるといったことだ。自分の出来ることと出来ないことの判別もあいまってしまうので、私服勤務が許されているところにはそれなりの窮屈さも存在している。一層、私服の仕事着を作ったほうが手っ取り早いと感じる部分もある、そんな側面もあるのです。

男の身だしなみ

ご遺品 処理するという考え方に嫌悪感を示される方もいるでしょう。 ですが中には処理しなければならないものもあります、弊社ではそうしたものも丁寧に扱って生きますので、ご安心下さい。

頭と手が動いていればOK

IT業界にとって、私服で勤務している人でもよほどひどい恰好をしていなければ咎められることもありません。企業にとっては頭と手がきちんと動き、納期を守ってしっかり成果を上げてくれればそれでいいと考えている部分が大きいからです。中には裏方の仕事に従事している人の中には、実際に制作している人と顔を合わせなければならない場合もある。デザイナーとして勤務している人は、打ち合わせを重ねないと駄目なのは言うまでもない。自分のオリジナルで、好き勝手にデザインしたものでいいと称されるような事案は基本的に存在しません。クライアントとの打ち合わせを重ねなければならない場合、その時の恰好が社内ではそこまでひどくないものの、目に余りあるような出で立ちをしているわけには行きません。

基本は頭と手を動かして、その動作によって成果を予想以上に得られるような働きをしてくれれば、クライアントに会わないかぎり少しくらいの服装も許容範囲内としてみなされるのです。それが大分続いてしまうと感覚が麻痺して、ここぞというばかりの場面でヘマを打ってしまいかねないこともある。またいくら私服勤務が可能としている職場だからといって、入社する以前の面接時まで私服で訪れるといったことはしてはいけません。確実に落とされます。

そろそろオーダースーツでは?