仕事着はスーツ派? 私服派??

身だしなみ 女性編

女性は特に

スーツで仕事をしたいと考えている人は、恰好が決まって仕事についても身が引き締まる思いになるからと考えている人もいるそうです。果たしてそうなのでしょうか、と素直な疑問を投げかけます。そうなるとスーツによく似た、制服を着ていても同じことが言えるように見えますが、これはただの捉え方にすぎないでしょう。仮に集中しやすいというなら、学生はどうなのかと考えてみる。筆者も中高は制服を着て登校していましたが、制服を着ていたことに対して自分は学生であることは自覚しても、だからといって本分である勉学に集中していたかと問われたら、NOと答えてしまう。それこそ学生の制服はその学校の生徒である証拠なのは間違いありませんが、本質的な意味で学業を全うしていた人など数限られているはずです。

それこそ『仕事』と見ているか、『学業』と見ているかで判断は異なります。では恰好がまともでないと仕事にも集中できないのでしょうか。私服で登校する大学生も制服じゃないと勉強していないイメージなのか、私服で出勤すると仕事ができないと簡単に烙印を押せるのか。そんなことはまずありえない話だ。それで全てが決まるのなら、そもそも恰好で作業が左右されるものでもないでしょう。

仕事が出来る人は見た目もしっかりしている、そんな偏見を持っている人がいるようですが、果たしてそうなのでしょうか。確かに仕事をするにしても見た目はしっかりとしていなければ、良い印象を与えることは出来ません。特に営業関係で、顧客相手と取引を主に行う職種の人は頭の先から足の爪先まで徹底した身だしなみ管理が要求されます。また女性にしても職場で働く際には私服ではなく、なるべくならスーツを着て仕事をしたいと考えている人も多いはず。

ですがもし、私服で通勤してもいいとなったらどんな恰好をすればいいのかと悩む人も多いはず。仕事をする時の恰好は男女関係なく命題になっていますが、とりわけ女性は特に悩むでしょう。

女の身だしなみ

服装にもマナーがある

これから学生から新社会人になろうとしている人はもちろんですが、仕事場への服装をどうすればいいのかと悩みに悩んだ挙句、一番無難なスーツを着ていくというのも手段として有りだ。ですがただスーツを着ていれば正解とならないのが仕事の難しいところ。それこそ業種によっては逆にスーツという堅苦しい印象を与えかねない服を着たら、敬遠されてしまうからもっとラフにしてくれと要求されるかもしれません。

こういう時が一番困ったことになりかねませんが、具体的に軽くするといっても色々だ。ですが軽くするにしても最低限の服装マナーを守って、適切な恰好をしないといけないという意味になります。では服装マナーとしてあげられている点は何なのかというと、その具体的な例は次の通りだ。

こんなところに注意したい、仕事の服装

  • 1:清潔感を持たせる
  • 2:TPOに合わせた、好感を持ってもらえる服装
  • 3:仕事がしやすく、相手に不快感を持たせない

臨機応変に

スーツを着ていれば社会人らしい、そう思われていた時代も何時の事かとなってきているのかもしれない。ですが中にはスーツではない恰好をして、仕事をしている人などそれこそいつの時代にもいたはずだ。社会人はスーツを着て仕事をするのがマナーだ、などという常識はそれこそ一部の人にしか当てはまらないかもしれません。公的機関で働いている人もそうだが、仕事で担当者とよく顔を合わせる人はきちんとマナーに則った姿を見せないとダメだ。

女性にしてもそう、特に受付や社内で外部の人間と接することの多い人はいつ何時、どんな人が訪れても対応できるように備えをしていなければならない。この時もしも、明らかに私服感が全開の肌を露出したセクシーな服装をしている女性が出てきたら、印象が悪いどころの話ではない。悪いを通り越して、社内の風紀が所詮その程度なのかと逆に憐れまれるようになってしまうからだ。

またスーツを着て損をするどころの話ではないのが、アパレル関係の仕事でしょう。洋服関係の仕事をしていると、やはり働いている店舗のブランド商品を売るために一式を取り揃えた恰好で応対をします。逆にスーツを着た販売員がアパレルショップにいたとしたら、筆者は間違いなく敬遠する。仕事ができる云々ではない、最終的に問題となるのはやはりしっかりと恥じない恰好をしているかという点だ。

男の身だしなみ

スーツ=絶対ではない

女性の場合、極端すぎるくらい肌が露出している服を着るのは当然NGです。それこそ凝り固まったオフィス内でミニスカにニーハイブーツといった恰好をしていたら、浮くどころの話ではありません。社内でいえばセクシーで目の保養だと感じる男性もいるかもしれませんが、企業としての品格を疑われてしまう。会社の顔としても機能する、イメージダウンに繋がらないよう努力するのも、勤務している人の意識によって左右されます。

そろそろオーダースーツでは?